2020/11/21 15:39

 

西洋文化が生み出した至高の芸術品であり名器ストラディヴァリウス。現代の技術力をもってしても、未だ超えることができない名器とされています。世界の文化遺産であるストラディヴァリウスを、様々な学術分野の専門家と協働して徹底的に研究します。

こうした学際交流によって生まれた研究成果をもとに、最新の先端技術を駆使して、現代にストラディヴァリウスを蘇らせます。再現する過程で得られたノウハウ「ストラディバリウスの秘密」は普遍化され、質の高い弦楽器づくりに還元されます。


【研究事例】
明星大学情報学部教授・横山真男先生との共同研究:ヴァイオリンの構造・音響連成数値シミュレーション(Coupled numerical simulation of structure and acoustic of violin body)



ストラディヴァリウスなどの名器を、マイクロCTスキャンで計測して3Dデータ化。そのデータを用いて、その構造をシミュレーションして、名器の持つ秘密を解明します。


【リバースの製作】
理事長の堀酉基(ほりゆうき/Yuki Hori)が、自らリバースの製作を手掛けます。